[home]  [Philosophy] [Curriculum goals] [Time schedule] [Calendar]  [Admission] [Fees] [Location] [Middle & High Class]
 
[Elementary Class] [Kindergarten Class] [Baby & Mother Class] [Summer / Spring Course]  [Links] [FAQ]  [Photo Gallery]

Elementary Class

Debate Contest

Grade 4より 社会に出てから世界に通用するスキルを身につけてもらうため 
Discussion / Debate /  Presentation / Speach のProcess & Principlesを
International Schoolで行われている授業を実践し指導していきます。
 

 

 

 

 Elementary Class (6 to  14years old)
Sunday: 9:00am to 3:00pm

帰国前の現地での学習内容を引き継ぐ体制

 

2007年12月にドバイの
Dubai American Academy
1年生の編入試験に合格

Shanghai Community International Schools

小学部に合格

20079月から転入が決まりました。

Sunday Elementary Classは国外のInternational Schoolを受験する際、推薦状・出席状況・レポートカードの提出ができます。
 
参照:International school Network

 

 

光合成の授業2008年合同授業

ハロウィンが近い日の授業風景2006年

生徒の周り5人の先生がいます

合同授業(社会科:海賊の歴史)


An
  Elementary Class ebate

 

 



 

Sunday Elementary Class在籍者:出身(在籍)学校名/国名・国籍

Vista Grande / California, Rancho Palos Verder, U.S.A.出身
International School of the Basel Region AG / Switzerland.出身
Montpelier Primary School / London, England.出身
Pineridge Elementary School / Michigan, U.S.A.出身
Kinder Care / Chicago, U.S.A.出身
Camelot Elementary School/ Orlando, FL, USA出身
Westwood Elementary/San Diego, USA出身
Canadian International School / Singapore出身
The Queens C.E. School / England出身
★Education Altaernatives Montessori School
/ Utah,
Salt Lake City U.S.A.出身
River Side International School / Venezuela出身
Aston House School / London U.K.出身
Hjorth  Roard Elementary School / Surrey B.C Canada出身
South Aiken Presbyterian Kindergarten /  SC U.S.A.出身
Pine Ridge Elementary School/  U.S.A.出身
St. Maur International School / Yokohama, Japan出身
Kanagawa International School / Yokohama, Japan出身
The Children's Garden / Japan出身
St. Maur International School 4th/ Yokohama, Japan在籍
American School of Doha 3rd/Qatar在籍

 

Nationality. U.S.A.
Nationality. Canadian
Nationality. Chinese.
Nationality. Colombia
Nationality. Japanese
 

 

 

 

 

sentence building 2006

 

learning human body  2007

 

サンデー エレメンタリー クラス
毎週日曜日午前9時〜午後3
 当クラスは帰国子女・日本国内のインターナショナルスクール卒園あるいは在籍児童を受け入れる体制が整っています。帰国直前まで学習してきた内容を引き継げるよう 世界共通のインターナショナルスクールの小学部と同じカリキュラムを実践しています。 同時に海外赴任による転校の際、現地インターナショナルスクールに提出する推薦状・出席表・レポートカードをご用意いたします。(在籍1年以上生徒対象)
 英語圏だけでなくスペイン語圏・アジア等様々な国からの帰国子女がいますがクラス内は英語以外の言語を使用することが禁止されています。朝9時から午後3時まで週に一度充実したインターナショナルスクールライフを送ります。
 毎週理科・社会・Readingの宿題 がでています。必要に応じてLanguage Artsの補修課題が出ます。Spellingは毎週覚えてこなければなりません。
 Language Artsはスキルの同じ子供のグループに分かれ指導しています。ReadingSpellingは各自の能力に応じ 個別に先に進むことができる体制になっています。
 このように常に英語のスキルを伸ばす最高の環境を提供しています。帰国子女は英語力が落ちると言われている中、実際、在籍生徒は帰国時より英語のスキルが伸びています。
 6月下旬から7月末において一時帰国子女もクラスに参加しています。
 
11歳以上でGrade5以上のスキルがある生徒は午後5時までのクラスに連続参加することができます。
15時から17時までの授業料はかかりません。内容はMiddle Classを見てください。
参加希望者は先生に相談してください。


英検報告
サンデークラスから準2級合格者が出ています。一番年少の合格者は6歳の女の子でした。

 

フライデー エレメンタリー クラス(開校未定
毎週 金曜日午後4時30分〜午後6時

 

《入学方法》
1.電話・メールでのお問い合わせ。
2.保護者(本人)の授業見学(無償) をお勧めします。
3.トライアル(1日授業参加)。トライアル料6000円(2回目以降トライアル料8500円/回)
4.授業後本人と保護者のインタビュー約5分間。入学のご意思の確認です。
5.入学されたい方に当日 簡単なオリエンテーション:課題の確認他事務手続き等(10分程度)
6.入学金授業料・教材費の振込み( 月途中の場合日歩計算)
7.授業初日願書・。帰国子女は帰国前の学校のレポートカード提示。

特:海外赴任が決まり出国が近い場合は別途ご相談下さい。

 

国語

Language Arts

各自自分のスキルに合った学年のグループに分かれ指導が行われます。習熟度の違いにより日本の小学校と異なる学年のグループに入ることがあります。原則1年を掛けInternational School 1学年分の内容を消化します。理解度が不足されているとみなされた場合Language Artsに限り留年制度が適応されます。各学年で必要とされる言葉の約束事(文法)を 学習しスキルをあげていく中で以前に習得したはずの内容に理解不足・忘却・勘違い・取りこぼしが見受けられた場合、個人別に 補習対応を行います。弱点は本人だけでなくご父兄にも分かるよう文法項目を示します。そして弱点を補うための家庭学習(課題)を課します。
日本の学校で教える英文法はInternational School 出身者が一番苦手とするところです。International SchoolAmerican Schoolを卒業しているにもかかわらず高校生のために大学受験英語を教えることができない原因は日本の英文法の特異性にあります。その対策として日本の中学入学前 から特別授業として日本語による文法項目を解説する時間を設けています。(例:文の要素・品詞・単文・複文・句・受動態・使役等々)

Reading

世界中のInternational School 14000校の小学部が採用しているOxford Reading treeを当クラスも採用しています。レベルが16段階、それぞれのレベルに生活シリーズと学園内シリーズの各18冊、全部で300冊以上用意されています。帰国子女は前の学校で勉強してきた箇所から継続できます。そのためReadingのスキルを損なうことなくそのまま伸ばしていけます。初めて触れる児童には 本人に合ったレベルのもを選び始めます。(教材は以前在学していたSchoolと同様貸し出し形式です。)
1
週間に1冊読んでくることが基本課題となります。余力のある生徒は複数冊読んできます。2年生からは読んだ本の内容の理解度確認のため 、本の内容に即した課題プリントが出ます。課題プリントを通じ本の内容の再確認だけでなく、質問に対する回答作成の過程で読解力はもとより文章構成能力まで身につきます。

Spelling

インターナショナルスクールで採用されているspectrum phonics を教科書として使用、毎週原則1ページを宿題として覚えてきてもらいます。 スクール内で確認テストをします。 余力のある生徒は複数ページ覚えてくることができ各自のペースで先に進めていけます。

A Debate 高学年を対象としたクラスです。一つの話題について賛成反対の立場に立った内容を家庭で考えてきます。クラスで二つの立場に分かれ交互に意見交換をしていきます。物事には相反する見解がありそれぞれに対し考えを巡らせること、そして双方の意見を聞き認めていくことをねらいとした授業です。

 

児童に文章を書かせるとき注意している事柄です。
1 時制(時間的広がり)・文法力
2
 文章構成能力・接続詞の役割・いつ・どこ・だれが
3
 論理力・指示語・代名詞の表すもの
4
 推測能力・短い文から場面を創造し詳細に述べてみる
5
 場面展開を考える
6
 意見に対する理由根拠を明確にする
 

算数

帰国間もない児童を中心に今まで触れてきた算数と日本の算数の違いを考慮しながら文章題を中心にした能力別練習 を行います。

理科社会

概ね月ごとに学習テーマが変わりますが毎回考える宿題が出ています。(下例参照)各自自分の能力の範囲で答えを作り授業で発表します。授業内では学年の低い子供は大きい子供の回答を理解しようと質問する等様々な努力をしています。同様に大きい子は小さい子に理解させるため一生懸命様々な角度から説明しています。このやり取りは内容理解に効果があるだけでなく、聞く力・質問する力・質問を的確に理解する力・説明する力等々幅広い言語能力を高めていくことに役立ちます。
・人体模型・顕微鏡・モータや豆電球スピーカーの電気回路模型など理解を深めるための実験を行います。実験を通じて普段耳にしない英単語や表現が身につきます。実験、実習は機会ある毎に行っていきます。

国際理解

他国の文化・伝統・習慣・宗教を理解するために求められることは、まず日本を知り説明できる力を養うことです。そして日本人一人一人が常に小さな親善大使を担っていることを自覚します。そのような観点からも自分の国の文化伝統を伝える力の基礎を学びます。例 「お正月・節分・桃の節句・桜・端午の節句・日の丸・七夕・富士山・茶道・天皇制度・赤穂浪士等」そして世界にある様々な宗教を学習し、各国の文化・伝統を尊重します。また、日本の経済、政治の基礎を身近なところから順を追って学習、そして世界経済、政治へと学習を展開します。国連の平和への取り組みなど、国連の機能を話し合いながら理解していきます。

自然環境

自然環境については様々な自然界の循環を基軸にその仕組みを学習し、環境問題の解決に発展させます。

世界地理

世界地理を学習する足がかりとして年に2回一人一冊世界リレーノート(The World Chain Journal)を配信します。自分たちで書いた日本の紹介文・写真を載せたノートを他国のお友達へと郵送します。同じようにお友達がまた別の国のお友達へとリレーしていきます。そして半年をかけ日本に戻ってきます。どの国々を回ってくるか全く分かりませんがノートが到着する毎に保護者からeメールで連絡が来ますので子供にノートの所在国を報告できます。もちろんこどもはその国に興味が出ます。地図で確認しながらノートの帰りを待ちわびます。
このノートは戻ってきたものから随時教室で発表されます。

休み時間

普段自由に英語を使えない環境にいる子供たちが、抑えられてきた言葉を爆発させる時間です。友達同士とものすごい勢いで遊びながら話し合っています。授業中も目が輝いていますが、休み時間中の目には喜びに満ちた輝きが感じられます。

 

 

2005年10月から11月に出た課題(サンデーエレメンタリー低学年)

 

HOME WORK

Theme≪消化Digestion

栄養(体を作る)と思われる食材を考え、炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンに種別する。
それぞれの簡単なはたらきを勉強し、成長にとって何が重要か考える。
食物がどのように体内で消化されていくか人体模型を使い確認する。

Think about the nutritious food that makes body, and classify the carbohydrate, protein, fat, and vitamin.
Learn simply how each of foods works, and think what is important for the growth.
The class will be confirmed by using the human body model how food is digested in the inside of the body.

17th October Homework
体に役立つと思われる食材を3つ考えてくる。
Think about three foods that are useful for the body.

24th October Classroom
考えてきた食材を炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンその他に分類しながら板書する。各食材の簡単な説明を先生がする。子どもは全て板書を写し取る。
Sort the food as carbohydrate, protein, fat, vitamin others and write on a board.
Teacher explains about each food.
The children copies all the sentences on the board..

24th October Homework
好きな食材を3点選びそれぞれの簡単な説明文を作ってくる。
Choose three favorite foods, and write down short sentence of explanation about them.

31st October Classroom
短文を発表する。
先生が補足説明をする。
炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンの体に対するはたらきを学習する。
The children present their short sentence (homework).
Teacher completes their explanation.
The class will learn how the body works with carbohydrate, protein, fat, vitamin.

31stOctober Homework
前回選んだ3つの食材が炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンのどれに分類され、体にどのようにいいか短文で示す。
Write down a short sentence about how the three foods (chosen last time) are sorted in the carbohydrate, protein, fat, vitamin, and how they work for the body

7th November Classroom
各生徒の宿題を先生が板書し炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンの機能をあらためて説明する。
口から大腸まで体の消化器官について簡単に説明する。
Teacher writes each student's homework on the board, and explains the function of the carbohydrate, protein, fat, and vitamin once again. Also explains about the digestive organs of the body from the mouth to the large intestine.

7th November Homework
体の消化器官について調べて絵に書いて名称を加える。
Investigate about the digestive organs, and draw a picture and label on it.

14th November Classroom
宿題の内容を板書し補足説明する。生徒は足りない部分を書き足す。
消化器官について人体模型を使い先生が説明する。
Teacher explains their homework on the board.
The children add the lack part of teacher explains a human body model about the digestive organs.

14th November Homework
これから食事に何を気をつけたらいいか3文以上で説明する。
Explain (use up to three sentences) what we should give attention to our meal.


 

神奈川インターナショナルスクールは英検準会場資格登録校です。英検の準会場として資格登録されております。合格者には英語検定協会より実用英語技能検定合格証書が授与されます。英検受講希望者はご相談ください。既存の子供たちはプリスクール在籍中に3級、エレメンタリークラス在籍中に2級・準2級を合格しています。

Elementary / Middle / High
2012Summer Class

 

Week Month Mon Tue Wed Thu Fri  
1 July

23

24

25

26

27

戸塚校
2 July

30

31

1

2

3

戸塚校
3 Aug

6

7

8

9

10

戸塚校
4 Aug

20

21

22

23

24

戸塚校

 

Daily Schedule                       

14:15

Arrival Time

14:15-15:15

Spelling & Reading
Language Arts

15:15-16:00

Discussion time

 12,000yen

text fee and tax included教材費・消費税込み
    
注意:返金はできませんので申し込み時に十分ご検討ください。 Nonrefundable
 
  欠席による振り替え授業はできません。お子様の健康管理にご留意ください。

 

ご見学は毎週日曜日に行われているサンデーエレメンタリークラスとなります。
事前のお問い合わせが必要です。

 

 

 

 


 
International School Network World News Solution Vol.2
 

About Trans-Pacific Partnership and Japan's argriculture. International School Network produced World News Solution on 6th November 2010.


 

 

International School Network World News Solution Vol.1

 

 

 

January 2011  in Kamakura

 

 

日本語でのご案内各ページの下にあります

社会に出てから世界に通用するスキルを身につけてもらうため 
Discussion / Debate / Presentation / Speach のProcess & Principlesを
International Schoolで行われている授業を実践し指導していきます。

[PR]| ビジネスローン | 必勝祈願 | ヒートテック | わけあり商品 |